K52log

拙い文章と画像の提供でお送りしております

N40+N37(新潟駅高架区間を行く)


 今年4月に一部が高架化された新潟駅。
高架駅は全国に多々存在していますが、新潟県内の在来線に限ると弥彦線の北三条駅に次いで2駅目の高架駅だそうです。そんな真新しい高架駅に懐かしい塗装をまとった2編成を駅撮りでお手軽に1枚。
ちなみにこの143M、一度新潟駅の留置線に入ってから上沼垂へ回送されるそうですが、上沼垂構内の留置線に置いておけばいいのにと思うのは私だけでしょうか。。

N40+N37
 2018/06/09 新潟駅にて

鎌倉駅での解放


GWの三日間に行われる鎌倉駅での解放について。
こんなお盆の時期にGWの話題なのは気にしたら負けです(大汗

これはGWの鎌倉交互発車ダイヤ時に行われるもので、鎌倉0846着の列車がホーム上で切り離され、藤沢よりが0848発に、残った鎌倉よりの編成は鎌倉0858着の列車の代わりに0900発となることでダイヤ上運休を出すことなく、鎌倉交互発車の編成を捻出する方式となっています。

ちなみに0848発の列車は極楽寺にて4両編成に車両交換され、後続の0900発の前に増結されることで、元どおりの編成となります。今日はそんな鎌倉解放の様子を。

鎌倉解放
 2018/05/05 鎌倉駅にて

ひまわりと115


 基本的には編成写真ばっかり撮ってるなぁと個人的には思うものの、よく同行する友人のおかげでこういうカットも少しばかりあるのはありがたいなぁと思う今日この頃。今後も季節モノとはできるだけ絡めて行きたいものです。

そんなこんなで今日はひまわりと115を。113か115ででっかいヘッドマークつけたひまわり号撮りたかったなぁ。

ひまわりと115
2016/08/05 上越線 渋川〜敷島にて

昼間の稲村ヶ崎行き


 1日一本のみ、鎌倉発の最終列車として運転される江ノ電の稲村ヶ崎行きですが、天王祭が行われる7月の第一日曜日は催事の進行に合わせて一時的に江ノ島〜稲村ヶ崎間の運転を見合わせるため、日中に稲村ヶ崎行きを見ることができます。

 今年の天王祭による区間運転では、稲村ヶ崎側の運用に入った305F。沿線の江ノ電ファンの期待通り?稲村ヶ崎サボを掲示した状態で運転されましたので今日はその中から稲村ヶ崎到着時のを。
サボ抜き&サボ差しを期待したものの、お客様対応により稲村ヶ崎サボのまま鎌倉へと向かって行きました(ツイッターの書き込みによると長谷までこのままだったそうです)。

日中の稲村ヶ崎行
 2018/07/08 稲村ヶ崎駅にて

LJK


 2月に募集され、先日発表された新潟支社115系の車両デザインアンケート。
結果としては長年新潟の方々に親しまれた2次新潟色ことキムワイプが1位、4票差で2位となった弥彦色が採用されることになりました。

「私と通勤・通学電車」~みんなで選ぼう115系車両デザイン~みんなで選んだ車両デザインが決定![PDF] 

1位の2次新潟色は来月出場予定のN35編成に、2位の弥彦色は11月出場予定のN36に塗装されることが合わせて発表されており、11月のN36編成出場後は

1次新潟色…N37
2次新潟色…N33,N35
3次新潟色…N34
弥彦色…N36
湘南色…N38
懐かしの…N40

と7編成で6色のバリエーションとなります。 どうせやるならもっと編成数が多い頃にやってくれてたらなぁなんて思ったりもしますが、こういう機会をいただいたことを感謝しつつ撮影しないとですね。

というわけでこのままいくとおそらく最後の3次新潟色(通称JKワイパー)、すなわちLJK(Last JKワイパー)となるN34の検査明けの姿を。

N34 142M
2018/07/14 越後線 巻〜岩室にて

高崎115廃車回送(有名撮影地をゆく)

 
 6月から7月にかけて新潟に回送された各編成はすっかり解体された高崎の115系。
高崎の廃車回送を牽引するのが最後の仕事となったL99編成も8月上旬に長野に回送され、こちらは一分は部品取り用として活用されるそうですが、近いうちに解体されることでしょう。

そんな高崎車の廃車回送から7/4分を。自分もその一人ですが、ツイッターに上がったこの撮影地は駅から近いこともありだいぶパニってました。個人的には4年前ここでやれた683-8000はくたかを隣の24時間銭湯で寝過ごしてかなんかで撮れなかったことを思い出しショックが深い。。。

7/4廃車回送
 2018/07/04 上越線 越後湯沢〜石打にて

山手線371G


以前取り上げた田町始発の山手線。流れとしては前日の品川止まりの内回り電車が同駅横の留置線に停泊し、翌日の外回りに3本、内回りに2本がそれぞれ充当される流れとなっています(品川止まりの外回り電車はそのまま大崎へ回送されます)。

今日はそんな外回り電車として出庫する電車のうち、最も早く出庫する回471P→371Gを。
本当は回送の回471Pの画像としたかったところですが、ケツ切ったのとピント死んだので371Gを。。
高輪新駅の開発や京急地上化工事があること、代替の留置先となる板橋の電留線もほぼ完成していることなどから、来年のダイヤ改正あたりにこの運用も消滅することになりそうです。

余談ですがこの日は架線モニタ装置を搭載したトウ12編成が充当されており、まだ薄暗い中煌々とパンタグラフを照らしていました。
 
トウ12 371G
 2018/07/16 品川駅にて

305Fのサボ差し(稲村ヶ崎5時23分発)


 稲村ヶ崎始発の藤沢行きに充当されたこの日の305F。
始発列車の出発を前に、 いつもの「藤沢↔︎鎌倉」のサボが差し込まれます。

余談ですが、写真は日の長い6月の撮影。他の車両より車両長の短い305Fであれば駅の照明も当たると思うので次回は日の短い時期にも撮影したいところ。。
サボも元通り?に戻りましたし。。

稲村サボ差し(夏場始発)
 2018/06/03 稲村ヶ崎駅付近にて

2003Fの幕故障


 4月のイベントで「幕故障のときに出す幕です」なんて再現されてた故障時に使う三角形の方向幕代理の方向板(で表現がいいのか怪しいですが)。早速5月に2003Fにて幕故障が起き活躍?していました。

今日はそのときの写真を。2003Fも検査中の2002Fが出場するとまもなく入場となりそうですし、更新前の姿としては最後の幕故障になるのでしょうか。

2003F 幕故障
2018/05/15 鎌倉高校前にて

7914F離脱


 先週木曜日(26日)、24日に出場した1501Fと入れ替わる形で7914Fが恩田へと回送されました。
多くのツイッターでの書き込みや、先日7110F,7112F,7114Fが甲種回送されていること、広告類が撤去されていることから、東急線内での活躍は終了ということは間違いないでしょう。

ちなみに多くの噂にあるように譲渡という話もありますがどうなんでしょうね。
ステンレスで丈夫とはいえ車体は築50年越え、床下機械も抵抗制御と比べ基盤等電子部品の多いVVVF(=故障原因がわからなければ一発KO)で購入先すっごくリスキーだと思うんですが。。

ということで7914Fの写真を。振り返ってみるとここ2年で全然撮っていなかったので1月の試運転の様子を。本当は卒論書かなきゃいけない時期なのに何やってんだとか思いますけど、卒業できてるのでオールOKということで()

7914 試運転
2016/01/06 御嶽山〜久が原にて
ギャラリー
  • N40+N37(新潟駅高架区間を行く)
  • 鎌倉駅での解放
  • ひまわりと115
  • 昼間の稲村ヶ崎行き
  • LJK
  • 高崎115廃車回送(有名撮影地をゆく)
  • 山手線371G
  • 305Fのサボ差し(稲村ヶ崎5時23分発)
  • 2003Fの幕故障